生徒さん達

HOME > 生徒さん達

生徒さんのレッスンの成果です。写真撮影の時だけマスクをはずしました。

ワンポイントレッスンを受けられた方です。
着物レンタルで初めて着物を体験してから着物が大好きになられました。その時に結んでもらった半幅帯の結び方を自分でも出来るようになりたいと来られました。
着物や帯等もその時に着付けてもらったのとほぼ同じものをネットで買い揃えるなどしたり、着付けのやり方も教室やユーチューブで学習するなど熱心な取り組みをしてこられました。

着物用肌着、補正から着物までの着付けを一通りやってから、
半幅帯を結びました。とても可憐で美しい着姿になりました。

コーディネートの勉強になります。

一人で着られるコース(基本クラス)を受けられた方です。

親戚の方から譲られた着物と帯を活用したいとのことでした。3種類の着物と4種類の帯を着られるようになりたいと1か月の間に6回通われ、家での特訓も功を奏し物凄いスピードでマスターされました。その結果、1年間洋服で通った茶道教室に希望通り着物で行くことができるようになりました。ファッション関係の仕事をされていて色合わせのセンスが抜群の方です。

ご自分のやりたい教室に通うために物は買わないで授業料に充てる、というはっきりしたポリシーをお持ちの方です。


 右の写真は、紺色の紬と白系の名古屋帯の組み合わせです。着物の
八掛(はっかけ)の赤紫色と帯のお太鼓の模様の一部が同じく赤紫
色になっています。また、着物が紺色でお太鼓の模様に紺色に加え同系色の水色があり、統一感のあるセンスの良さが感じられます。

ピンク色の色無地(一つ紋入り)と帯の組み合わせ

色無地は準礼装用として慶弔両用にも使え、おしゃれ着としても使える便利な着物です。白生地に一色で染めたもので、地紋のあるものとないものがあります。紋を付けると格が上がります。茶道の初釜の時や、入学式や卒業式等にも使えます。




右の写真は、背中上部に紋の入った色無地に銀台の袋帯を二重太鼓に締めたものです。準礼装として色々な場面で着用できます。
(写真では、判別しにくいのですが、白い小さな紋が入っています。)




右下の2つの写真は同じ着物に白系の名古屋帯を締めたものです。
名古屋帯を締めた場合は、普通おしゃれ着となります。

クリーム色の色無地と名古屋帯

とても上品なクリーム色の色無地と小豆色系の名古屋帯の組み合わせです。生徒さんにとっては、身丈が長すぎて着付けるのがかなり大変でしたが工夫をすることにより,綺麗な着姿になりました。


右上の2枚が室内で撮影したもので、右下の2枚が室外(ののはな庵の前の道路)で撮ったものです。洋装用のバッグも大変お似合いです。
この装いの場合、帯が金銀まじりの格調高いものなので名古屋帯であっても、帯締めに金や銀まじりのものを使えば準礼装として使えます。その際は、和装バッグ(礼装用)に替えて下さいね。



ここまでご覧になって、何か気づきませんか。

この生徒さん、すべての着物で同じ白色の帯締めを使っています。白の帯締めは、小豆色の帯には少し浮いて見えますが、他の3通りの帯にはしっくりとなじんでいます。また、帯揚げもピンクの色無地と名古屋帯の組み合わせ以外の他の3通りの組み合わせではやはり同じベージュ色の帯揚げを使っています。ベージュ色の帯揚げは
どの着物や帯にもしっくりとなじんでいて浮き上がることがありませんね。さすがにお仕事でファッションに精通されている方と感心致しました。

着物や帯の色に合う帯揚げの色や帯締めの色で迷うことがあると思いますがベージュ色の帯揚げと白の帯締めは、多分かなりの色の着物や帯にもフィットするアイテムなんですね。ただ、白の帯締めの方は少し浮きやすく難しいかもしれませんが・・・。
この白の帯締めは、市販されているものでは見たことがなく白い糸を手編みしたように見えました。


ワンポイントレッスン(数回)とオンラインレッスン(数回)受けられた方です。

高校生の娘さんと一緒に習っているお琴の発表会に
ご自分できちんとした着付けをして出たいとのことで来られました。子供の頃に日舞を習っていたとのこと。地域の役員さんをやっていらっしゃるのでコロナ収束後には、学校の入学式等に来賓として着物で参加して頂けたら、と思います。
オンラインレッスンの開設にご協力頂きました。

写真の着物は、若い時(結婚前)にお父様がずっと着られるからと
買って下さった、付け下げ小紋というものです。とても美しく、友禅染めの技法が使われています。
付け下げとは、前と背面(後ろ側)が両方とも柄つけが肩に向かって上向きになっているものをいいます。付け下げ小紋は小紋がらでも模様づけが付け下げになっているもので、小紋の中でも格が高いものですが、現在ではあまり見かけることがなくなり珍しいものです。小紋の中では、グレードが高いのですが、普通礼装用には使われません。

華やかな着物に白系の名古屋帯がよく合います。

また、羽織はどの着物にも合うように選んだとのことで光沢のあるグレー一色で地紋のある上品なものです。華やかな着物とよく調和しています。この色の羽織ですと他のどんな着物にも合いますので
よい買い物をされたと思います。道行や道中着などのコートを選ぶ時も光沢のあるグレーを選ぶとよいかもしれません。

*今回、写真を見ていて半衿が見えなくなっていることを再確認しました。たしか、着付けが終わった時点では少しは見えていたのだけれど・・・。動かれているうちに隠れてしまったようです。渡邊の注意不足でお詫び申し上げます。次回(4月下旬)のレッスンでは、この点を改善するための練習に重きをおいて再撮影させて頂きます。





一人で着られるコース(基本クラス)を受けられた方です。

居合い道を習っておられて袴は着慣れていらっしゃいます。また、趣味は登山というスポーツウーマンです。

お母様が着物好きで譲られた着物や帯等を自分で着られるようになりたいと来られました。お母様の着物が体にピッタリ合ってまるで誂えたようでした。
ご自身で着物を着るのは全く初めてで最初は大変なようでしたが練習の甲斐あってスムーズに着られるようになりました。着物知識が豊富な方で、専門用語をよくご存じです。特に江戸小紋がお好きだそうです。(渡邊も江戸小紋が一番好きです。)
子供さんが大きくなって手が離れたので・・・とおっしゃっていましたがとても若々しい美しい着姿です。
写真は、市松模様の紺色の紬と上品なローズ色の刺繍の入った白系の名古屋帯の組み合わせです。帯締め・帯揚げの色でより若々しくなりました。

オレンジ色の帯締めと黄色の帯揚げ、袖からちらっと見えるエンジ色が暖色系の同系色なので、面積の広い着物の紺色と帯の白地に品よく溶け込んでいます。

この他に灰色っぽい塩沢紬と緋色の名古屋帯も見せて頂きましたがこの組み合わせもとても素敵と思いましたが時間が足りず写真撮影出来ず残念に思いました。



一人で着られるコース(基本クラス)を受けられた方です。

留学先のアメリカの大学を卒業されてから外資系会社に2年間勤務。
その後、一念発起し都内の大学の医学部に再入学を果たし現在勉学に励んでいらっしゃいます。大学の春休みを利用して着付け教室に来られました。趣味は「アイスホッケー」とのこと。

福岡のおばあ様から送って頂いた朱色の江戸小紋でレッスンをしました。この着物は寄せ柄の江戸小紋でいろいろな模様を近くで見ると楽しむことが出来、高級なおしゃれ着です。江戸小紋は柄によっては準礼装にもなります。

初めの一歩用に当教室の六通の名古屋帯をお貸ししました。この帯は八寸帯なので生地がしっかりしていてとても扱いやすいです。また、六通なので柄出しも特に気をつかわなくていいので帯結びが楽にできます。帯はいろいろな色の糸が付か使われている織物で特に面積の大きい部分は赤、緑、紺、金色です。正倉院風の模様の感じがしますが、しゃれ帯です。
この帯は、短時間で簡単に結ぶことが出来ましたし、着姿も美しく仕上がりました。

次に難易度が高いお太鼓柄の九寸帯に挑戦しました。
九寸帯は生地が薄く「へなっ」てなることが多く扱いが難しいのです。
後ろのワンポイント柄は、割と楽に出せるのですが、胴帯のワンポイントを出すための処理をした後の作業で崩れてしまうことがあって何回か練習が必要です。帯結びは他の帯同様、帯の下線をしっかり締めることが必要です(帯の崩れを防ぐため)。また、九寸帯のように生地が薄い場合は帯締めの当たる所に皺ができやすいので、前板が薄い場合は厚いものに替えたり、両端にゴムのついたもの(
普通差し込み式より厚いです)に替えるなど工夫が必要になります。







































一人で着られるコース(基本クラス)を受けられた方です。